美肌の基本は何といっても保湿ケア

“美肌作りのためにさまざまなスキンケア製品が出ていますが、美肌効果が高い成分を与えるよりもまず最初にすることがあります。それが保湿です。

シミやシワ、くすみやニキビなどの多くの肌トラブルの原因となるのが乾燥で、肌に油分と水分が少なくなってしまうことで肌の健康が失われてしまうことが問題になります。カサカサに痛んだ肌に栄養を与えても、上手く成分を吸収することができずに無駄になってしまいかねません。

美肌ケアを行いたいというのであれば、一にも二にもまずは保湿、たっぷりと潤いを与えてプルプルにさせることが先決です。そして、体内で作り出した水分と外から与えた水分をキープすることができる角質層を作ることで、トラブルの少ない、トラブルに強い美肌にすることできます。

年齢やストレスなどによって皮脂分泌量が減ってしまうと、水分が蒸発しやすい肌になります。潤いがなくなった角質同士は隙間ができてしまい、剥がれ落ちやすい状態になるため表皮がカサカサになってしまうのです。それを補うために外から保湿ケアを行うことが重要になります。美肌作りのために栄養をあげるのはその後です。

セラミドやコラーゲンなど保湿成分が多い化粧水やしっかりと油分を補えるクリームを使って、朝と晩きちんとケアをしていきましょう。時々パックなどを使って集中的に保湿ケアをしていくのもおすすめですが、パックは使いすぎてしまうと逆に乾燥の元になりますので、週に2回程度を目安に行うようにしましょう。

美肌ケアの基礎の基礎と侮るなかれ、保湿ケアさえしっかりと行っていれば大抵の悩みが解消するというほど重要なものです。透明感が出て化粧のノリもよくなり、バリア機能が強化されて刺激にも対抗できる肌になります。”